結婚式を振り返って思うこと

心残り:結婚式を振り返って思うこと

4年前に結婚式をしました。式や披露宴の内容にはおおむね満足しているのですが、これはいらなかったかなというものがあります。それは披露宴の中でやったビンゴゲームです。私たちが景品を出してやったのですが、式などにたくさんお金がかかるので景品にお金をつぎこむことはできませんでした。その為に景品をあまり豪華にできず、申し訳なかったなというのがあります。

披露宴の中で少しゲストもわいわい楽しめるところを作ろうと思いましたが、ビンゴゲームの代わりに友人に余興をお願いしたら良かったかなと思いました。友達の披露宴ではみんなでハンドベルの演奏をしましたし、歌などを披露しているのも見ました。友達にも協力してもらって式をしたという一体感が羨ましかったです。

私も友達にお願いすることも考えましたが、私の結婚式の余興のために色々練習をしたり段取りしてもらうのは申し訳ないと思い、遠慮してしまいました。しかし結婚式に参加してくれた友達は「ピアノも弾けるし、みんなを集めて練習するから、何かあったら言ってね」と言ってくれていました。その気持ちに甘えたら良かったなと思いました。

またもう一つやった方が良かったなと思うのは、新婦から両親への感謝の手紙です。これは結婚式の定番でみんなが感動するポイントになっていますが、私はみんなの前で親への手紙というのが照れくさく、やめておこうと決断しました。 そして花束とプレゼントだけを渡しました。

しかし結婚式に参加して喜んでいる両親の姿を見ると、お礼の手紙を読んだら感動してくれたかなという気持ちになったのです。母は私の結婚式では一度も泣かなかったようなので、感動して泣かせてみたかったかなと思います。 また予算の都合で会場の花を少し少なくしましたが、当日会場が華やかになるにはやはり花が欠かせなかったかなと思い、できる限りたくさん装飾に使えたら良かったかなと思いました。

しかし心残りはあるものの、一生に一度の結婚式をみんなに祝福されながら迎えられて、とても幸せだったと感じています。 結婚式の準備期間があまりなく、バタバタする中で決めたので、もっと色々調べて用意したら良かったなとは思って、少し後悔はしています。

↑ PAGE TOP