管理人より

結婚式サプライズ.netでは、さまざまな方から寄せられた感動的な結婚式サプライズについて紹介しています。

印象的なサプライズ

わたしが実に驚かされたこと

わたしの 一緒に、 つとめを はじめた 同僚の 、結婚式へよばれ、それで びっくり したのが、 大昔、 これが わたしの ともだちよ。 とか いってくれた 人が つまり、その 結婚相手であったことに、ひえーよくも まあ、 わたには、なんとも いわずに いたので、 いやーそん なに、 この 同僚は、 わたし とも よくあそんだり、また なぜか ピアノの 教室へ、 先生が たまたま、 そこの 職場へ、アルバイトに きていて、その 同僚が、 ピアノならわない? というので、まあ しごと 以外は、 絵本かき とか してるのみなので、 いいよ といい、 とにかく その 同僚とは、 あいも かわらず、 同僚へ、 子供が ひとりできたときも、 うまれたら、よんでね と いったら、 でんわがあり、 その 電話によれば、 男の子なんだよー といい、 よっぽど おんなんこ を うみたかったみたいなのですが、まあ どこも おかしくは ないんでしょ? ときくと、まあ そうだけど。。。と いい 。 でも、結局その ともだち (同僚)が 入院しいる、 病室にはいったら、みごと に おおきな あかちゃん と、 その だんなさんが いて、 とにかく いたかったよーとかで、 おしりが みごとに つらいらしくも。。。まあ とにかく、 あの 結婚式で、 びっくりしたのが、この なかよし の 同僚の だんなさん になる かたが、あの ひと だったことです。が その 同僚ほんと、 いろんな 友人やら、 男のひと が わかいのから、 としよりまで、じつに おおくの しりあいが、いるみたいなので、 ものすごく もてたのですが、 結局結婚したのは、 あーあいつか -でした。 わたしはもう 54歳なので、もう 絶対に 結婚式を ひらくことは ないはずですが、だいち わたしは、めがね が ないと、さっぱり、みえないし、 それに、 あたま も いたくなるので、 さすがに どうやって、 めがね を つけた お嫁さんは、どうやるかなーと 不思議ですが、 とにかく、 さき ほど のべた、 同僚の だんなさん が、 あれ だったことに、 えらく びっくりしたということです。

お役立ちサイト